戦前、自治体は政府の言うがままだった。そして今。。。

吹田市の日本共産党議員団は、毎週会議を開き、その中で「みんなで学習」を位置付けています。忙しくなると中断してしまうこともしばしばですが、なんとか続けています。

今年度は「自治体活動と地方議会」(「議会と自治体」編集部編 新日本出版社)を題材に、約1時間程度の時間をあてています。

先日、わたしが担当し内容を紹介したのは、「三 地方政治と議員活動 第1章・地方自治の現状と問題点(P102~134)」でした。

その中で、一番印象に残ったのは、戦前の憲法には「地方自治」の規定がなく、地方の行政は中央政府の意思伝達機関でしかなかったこと、です。

戦後、日本国憲法第8章 92~95条にはじめて定められ、条項には細かく書かれていませんが、「地方自治の本旨に基づいて、法律でこれを定める」とあり、地方自治の本旨は「吹田市は、国から独立した存在で、原則として国の監督を排除して、直接間接、住民の意思によって、実情に即して、自分たちで行政を行うこと」ということです。

けれど今、地方分権、地方創生と言いながら、さまざまな方法で手足をしばり憲法の精神を否定し地方自治を破壊し、戦前憲法のように国の基本方針を地方自治体に浸透させようとしている、という提起がされています。「うーむ、なるほど」とあらためてうなづきました。

しんぶん赤旗8月28日づけに、京都自治労連の委員長のお話がのっています。

「二度と赤紙を配らない」という自治体労働者の決意を、私は国の命令でいやいや招集礼状を配らされていた、と思っていましたが(その前は恥ずかしながら郵便配達夫の人が配ったと思っていました)実は、当時の役所・役場の兵事係を中心に、徴兵の対象となる人の家族関係、精神疾患などの病歴、宗教、思想、特技、得意なスポーツ、血族の犯罪歴などを調べて軍に提出することや、成績優秀な14歳以上の子どもには、海軍の志願兵になるように教師といっしょに説得にあたるなど、住民を戦争に駆り出し、残った住民を戦時体制に組み込むための最前線の仕事を担っていたのだそうです。「二度と赤紙を配らない」とは、「二度と住民をわたしたちが戦争に駆り立てない」ということだと、締めくくられています。くらしのあらゆる分野で「憲法を守り活かす」「活かし守る」ためにも、憲法をいろんな角度から知る必要と楽しさを再発見した学習でした。

 

学童保育の勉強会に参加

本日は大阪学童保育連絡協議会主催の「設備運営基準・運営指針と学童保育予算説明会」にて、お勉強。
講師は、厚生労働省雇用均等・児童家庭局 総務課少子化総合対策室室長補佐の大津さんです。

住む地域により、施策がまったく異なるのが学童保育です。
わたし自身、保護者がお金を出し合い、場所を確保し指導員を雇用して共同で運営する大阪市と、条例に基づき市が責任を持って運営する公立公営の吹田市と、2つの自治体で指導員として働きました。その違いを体感している者です。
国が少子化対策の一環として、全国どこに住んでも一定の基準が満たされるようにと設備運営基準を作成したのが一昨年4月、運営指針を示したのが去年3月です。
ただし、全国にいろんな形態の学童保育が存在するので、それぞれがつぶれてしまわないようにと、その内容は曖昧で、厚労省が言うように、より進んでいるところへ近づけさらにその内容をたかめるものには残念ながらなってはいないというのが、今日の感想でした。逆に規制緩和に使われないかと危惧します。

9月議会、学童保育の新たな民間委託に係る予算が提案される予定です。公的責任の後退につながります。多面的に質疑したいと思います。

この街、この日常が政治の場ーSEALDs解散

本日17日づけの赤旗は、1・3・4面を使いSEALDsの解散を大きく報じています。

「私たちが受け継ぐ成果」と題され、「ありがとう、また会う日まで。」としめくくられた「学者の会」の声明が、SEALDsのみなさんの行動の成果を7つにまとめていて、彼らの行動に励まされ触発された70年安保世代の1人として、ガッテンガッテンしましたので、要点を紹介します。 ( )は、上垣のつぶやき

⑴主権者としての「市民」の政治参加を活性化し民主主義を刷新した(刷新!というのがいいですね)
⑵相互にリスペクトしあう個人の連帯が、立憲主義そのものを体現した(リスペクト、認めあい尊敬しあう。。が大事です)
(3)長らく守勢に立たされ続けてきた平和主義が、力強く息を吹き返した(戦争に行 かされるのは僕だ!殺すのも殺されるのも嫌だ!)
(4)市民と野党との応答関係を築き、参議院選挙において野党共闘を実現した(そ、市民と政党が応答!し合った)
(5)市民の後押しする野党共闘 ならば、小選挙区でも勝負になることを明らかにした(32のうち11で勝ったんやからね)
(6)東京だけでなく全国各地において、学生と学者らの協同に端緒をつけた(関西は解散するけど、沖縄は続く)
(7)立憲民主主義を守るだけでなく、発展させる指針を示した(守るだけでは守れない、民主主義は生きものだと思う。いつも、発展させないと)

以上です。
シールズ関西の解散メッセージに、「この街、この日常が政治の場」という言葉がありました。この言葉を心に刻んで、私も前に進みます。