11月議会 大阪府チャレンジテストの廃止・撤回求める

昨年文科省が、大阪府にその利用を禁止した全国学力調査に変わり、大阪でのみ独自に始められた大阪府チャレンジテストは、府内の各市中学校の現場で、混乱を生んでいます。 これは、全国学力テストと同じく行政調査であり、各市長村教育委員会が自主的に判断し、府教委は強制できません。 現に、大阪府公立中学校校長会は、府教育庁に対し「高校入学者選抜方法について、調査書に記載する評定については各中学校にゆだねられたい」とする要望書を提出しています。 質問では、1・2年生の評価では、1・2学期とも評定5だった生徒が、たった1回のテストで府の設定した点数に1点足りなかっただけで4になった実際の事例や学校の先生方の声、こどもたちの声などをもりこみながら、吹田市教委として大阪府チャレンジテストに参加しないこと、府教育庁に対し廃止・撤回を求めるべきと求めました。しかし、市は「他市町村と同様に参加しなければ生徒の不利益になるから」と参加・実施の考えを示しました。以下は、3年生の事例について触れた質問と、市の答弁です。  3年生のチャレンジテストは、その結果で各中学校の内申書の学校平均が決まるため、団体戦ともいわれている。学校平均が「4」を超える学校は、内申点のほとんどが「4」か「5」ばかり。「2」に抑えられる学校では、結果的に「1」~「3」にせざるを得ない。以下の問題点を指摘する。 1、通っている学校により、入試に有利な学校と不利な学校が生まれ、高校入試そのものが不公平になる点 2、6月のテストで1年間の内申平均が決まるため、6月以降のがんばりが個人の成績には反映できても、評定の平均には反映されない点 3、国語、算数、理科、社会、英語の5教科のチャレンジテストの結果が音楽、美術、体育、技術家庭の4教科の内申点にも反映されることになる矛盾 4、テストの答案用紙が返されないため、採点ミスを確かめることができないという大きな欠陥のある点 以上のように、あまりにも不公平、不透明であり絶対評価とは程遠いが、市の見解はどうか。 答 ご指摘の4点は課題として併せもつものであるため、中学校の教育活動に与える影響に十分配慮したものになるよう、今後、大阪府教育庁に提言していく。 要望 大手の学習塾は、「1月期5、2学期5だったらチャレンジテストは休みなさい」と指導している。貧困家庭に育つ子どもたちの多くは、厳しい環境の中で学習している。「足引っぱったらごめん」「お前が受けたら平均が下がる。俺の内申書にも影響するから休め」などと自己肯定感の低下や新たないじめの発生にもつながりかねない会話が、子どもたちの中で交わされている。新たな競争をもちこみ、教育の格差を広げ、貧困の連鎖を固定化し、成長期の子どもたちの真摯な探究心や学習意欲を喪失させ、共に学び合う喜びをゆがめ分断し、中学生活をテスト一色に塗り上げるチャレンジテストに反対。市教委も、指摘した4点をすべて課題とし、制度の不公平性も認識しているはず。犠牲になるのは子どもたちだ。実態を把握し、課題を明確にし、府にはっきり意見表明していただくことを強く要望する。 この制度そのものが、あまりにも教育現場の状況や生徒の実態を無視したものになっています。石川たえ府議も大阪府議会の教育常任委員会で、松井知事に、こどもに分断をもちこむこになると指摘しましたが、知事は「教え合いや励ましあいが生まれる」などとあきれる答弁をしています。大阪府は絶対評価に変わっていますが、このやりかたは、究極の相対評価です。まだまだ、知られていないチャレンジテストの中身、多くの人たちに知らせていかなくてはと思います。

府・市政報告会をやりました!

上垣優子 市議会報告タイトル

< 日本共産党の府・市政議会報告会を、北千里地域の3小学校区ごとに開催しました。のべ55人の参加者のうち、約半分の方々が初参加のみなさんでした。石川たえ府議と私が、議会でなにが問題となり、なにが決まったかなど、お話ししたあと参加者の方から、以下のようなご意見やご要望が活発に出されました。

<北千里>

・藤白台保育園の民営化の現状

・(仮称)北千里・古江台認定こども園の現状

・北千里駅をふくむまちの活性化、今後について

・旧北千里小学校跡地について

荒廃が目に余り、防犯上も問題がある。厳正な管理を!陸橋も危険だ!

児童館がない、図書室が分室でせますぎるなど、公共施設の整備に活用を!

グランド部分に特別養護老人ホームの建設を!

・北千里の待機児対策のため、北千里保育園を残してはどうか

・建替えでなく耐震化と一部エレベーター設置とされた古江台5丁目府営住宅の諸問題

・近隣センターの活性化を!

・阪大留学生が府営や公団に多く居住しているが市の情報が届かない。生活をサポートするしくみが必要だ

<吹田市>

・ゴミ袋配布、福祉バスきぼう号など事業見直しされたものを、優先順位をつけて再見直しを!

・市は「ホームページをみてください」というが、高齢者には無理

<府>

・大阪万博問題に反対!夢洲、咲洲は地震に耐えられない。南海トラフの危険もある。

・万博公園のパークゴルフ場、H29年度末で廃止。継続してほしい!

<国>

・介護認定の基準が厳しくなり、介護サービスを抑制せざるを得ない

・日本共産党の税収増のための対案はあるのか

・年金は減り、介護保険料があがり暮らしがますます厳しい

・なぜ、貧困が広がっているのか

・安倍首相の支持率の高さはどこからくるのか

など、です。身近な北千里の問題は、11月議会の質問内容にさっそく反映させることができました。(後日詳報します)

府・市政報告会というと堅苦しいイメージですが、活発な意見交換の場として、小さな規模の集まりが大切なこと、また市民のみなさんの身近な市政への参画意識の高まりが、主権者意識につながっていくことを目の当たりにすることができました。

これからも、マメにこのような場づくりをしたいものです。なお、出前もします。ご連絡ください。

 

やります!府・市政報告会

上垣優子 市議会報告タイトル

2013年、3月議会と9月議会のあと、青山、藤白、古江台それぞれ小学校区ごとに府政・市政の報告会を開催したことがありました。

「おんなじとこ」に住んでいる。ただそれだけの共通点で、見知らぬ住人さんどうしが意見を交換し、議会の報告をきっかけに、危ない所や心配なことがだされ、大いに盛り上がったところもありました。そのときの「北千里駅北側駐輪場出入り口、自転車と人が出合い頭に衝突の危険がある。なんとかして!」のご意見は、注意喚起のための大きな看板の設置につながりました。

「議会報告会」と言うと堅苦しいのですが、「寄って、しゃべって、愚痴ゆうて、知って、怒って、ちょっとでも、世の中この町住みやすく、子にも孫にも渡したい」こんな感じの集まりです。わたし作の標語です。

ほんとは議会ごとに年4回やる「べき」だと思いますが、小学校区ごとはなかなか大変で、それ以降は3小学校区合体の北千里というくくりで、60人規模くらいでやってきました。しかも毎議会後ではありません。挫折中です。

でも、このたび挫折を乗り越え、じゃあーん!

やります!大阪府は石川府議が大阪ならではの医療や教育の後退・破壊の問題を、吹田市はわたしが9月議会の内容を中心に報告します。ほら、やっぱり堅苦しいやん。いえ、そこをなんとか、堅くても苦しくはないようなところぐらいまでは工夫したいと思います。どうぞお気軽にご参加ください!

○藤白台  11月13日(日)午後2時~ 藤白台市民ホール(申請済み)

○青山台  11月20日(日)午後2時~ 青山台市民ホール(申請済み)

○古江台  12月 3日(土)午後2時~ 古江台市民ホール (予定)

*お住いの地域に関係なくご都合のよい場所にどうぞ。

@写真は本文と関係あります。やんばるの森ではありません。北千里の住人のみなさんがずっと心にひっかかている旧北千里小跡地です。周辺樹木が巨木になった上にツタがこの巨木にからみ出しています。野生化しています。この問題もぜひ!

千里山まちびらき

昨日は、 千里山まちびらきの1日。

9時半の「千里山駅東交通広場完成式典」から始まり、特設ステージを中心に、コミニティーセンターや、URの敷地など駅の周りで多彩なイベントや模擬店などが開かれ、たくさんの家族連れで賑わいました。

私は、吹田ではじめに住んだ場所が千里山西6丁目、勤務したのが千里山東地域の千里第二小学校の学童保育はちのこ学級でしたから、個人的にも、いろいろな思い出の地域です。

静かで緑豊かな落ち着いた街ですが、東と西を結ぶ踏切は安全とは言えず、道路の未整備、駅周辺の不便さなど問題もたくさんありました。それらの解消のために、URの千里山団地建て替えと合わせて整備を進めようと、11年前に住民、吹田市、UR都市機構によるまちづくり懇談会を発足させ、なんども何度も話し合いを重ねながら、計画を練り上げ、この日を迎えたものです。

議員になって1年目、バリアフリーの問題などで民間マンション地域の方からのご相談などをうけ、ご一緒に市やUR職員とも、膝を交え解決策を考えました。その結果、エレベーター設置が実現し、足の不自由な方やベビーカー を利用する方々に活用されています。

その時の経験は、さまざまな形で今の活動に活かされています。

この日のにぎわいが、これからのまちづくりにどんな風に活かされていくのか楽しみです。

本日、吹田市地域防災総合訓練

本日は、吹田市地域防災総合訓練が徒歩15分のところにある千里北公園で開催されました。
自主防災、自主消防など地域の人たちの自助.互助による壊れた家からの救出作業から始まり、郵便局、建設業協会、造園組合など、市内の事業者の皆さんによる倒木撤去、がれき処理により塞がれた道路を開通させる道路啓開訓練、関電、大阪ガス、水道部などのライフライン復旧作業などなどが、目の前で展開され、見学の市民の方も熱心に見ておられました。

何人かの方に、お話しを聞いてみました。
260戸のマンションで阪神大震災翌年から自主防災委員会をつくり、今約30人がメンバー。生活支援、救護などの班に分かれて活動して来た。独自のマニュアルをつくりあげ、今は2カ月に1度会議をしている。市から案内が来たので初参加した。(五月が丘・70代男性) 市報で見て面白そう、どんなことするのかなと思って来てみた。(千里山西・40代前半の女性2人)今年、自治会の役員なので、役割で初めて来た。地元で、こんな訓練が毎年されてること全く知らなかった。(藤白台・40代女性)とのこと。(こないだ、地元青山台のご近所さんに、今日のことお知らせしましたが、やはりみなさんご存知なく「そんなんあるんやったら、行きたいね」と、おっしゃってました。)

私自身、住んでる約140戸の集合住宅のかつて自治会長をしたり、今も集会所運営委員などやっていて、ご近所さんとの関係はそれなりに作ってきたつもりですが、3年前に立ち上げた「防災しゃべり場」というサークルは不規則勤務で働いている方が多く、ここ1年半ほど休眠中です。 「1人では絶対無理ですよ。仲間をつくらないと。」と、五月が丘の方からのアドバイス。ほんとに、まずは仲間づくりです。早速、動いてみます。