「水没事故」から立ち直る

パソコンの水没事故というのに遭遇しまして、ただでさえ、fbに偏りがちな発信にいっそう拍車がかかって数ヶ月。
ちなみに、水没事故というのは、パソコンを湖の底に落としちゃった!というのではありません。水分を、意識しないとほとんど摂らないわたくし、なので、すぐ手にとれるところに最近ブームの白湯を入れた水筒を置いて、できるだけ飲むようにしているのですが、これが、失敗。開いたパソコン近くにキャップを閉め忘れた水筒を置いていて、慌てた拍子に、 倒してしまい、パソコンにしっかり水分補給をしてしまったというわけです。修理をお願いした業者の方に「水没事故は修理が難しい❗️」と言われ、はじめてこの事故の名称(正式?業界?)を知ったのです。
行政も議会でも、独特の用語や略し方があって、政治をよりわかりにくくしているなと感じます。わたしが議員になって、一番面白かったのが「とけいドーロ」というもの。なんか、かわゆい感じしませんか?これ、都市計画道路の略。同じく「とけーしん」=都市計画審議会。などなどーいっぱいあります。また追い追い紹介します。
折もおり、東京都では百条委員会が開かれ、国会では例の森友学園問題でまもなく証人喚問が行われます。テレビでは、連日、豊洲と森友で大にぎわい。忖度をはじめ、東京ガスの瑕疵担保責任、府の認可適当の判断、既得権益化、耳慣れない言葉の洪水に水没しないで、各局の報道姿勢の違いを見極めたり、物事の本質を雑多な情報の中から自分自身で取捨選択する良い機会かもしれませんね。
ちなみに、新しいパソコンー結局修理より新しく購入した方が安いということになりましたが、購入せず、既存のものを使用していますーは、使い方に慣れるまで時間がかかり、ただでさえ遠のいていたブログが、さらに遠い存在になっていたという次第です。また、写真の貼り付け方を忘れてますが、日常に水没、いえ埋没せずにマイペースで綴っていきたいと思います。
明日は、2月議会の最終日です。